帰化申請を行政書士に依頼するメリット

帰化申請を行政書士に依頼するメリット帰化申請は行政書士に依頼しなくてもご自身で申請をすることが可能です。では、わざわざ安くない費用を支払ってまで行政書士に帰化申請を依頼するメリットはどこにあるのでしょうか?

帰化申請は申請者本人が住所地の法務局などに出向いて書面により行います。申請書の他、帰化申請の要件を満たしていることを証明する様々な立証書類が必要です。ご自身で申請する場合はこれらの書類も当然ご自身で集めることになり、平日お仕事をされている方の場合、必要書類を揃えるために役所の窓口へ行く時間を作ることも困難な場合もあります。

また、書類の不備や追加の書類を要求された場合、再度役所の窓口へ行く必要があります。 無事に申請書を提出できても、その後に様々な質問があり帰化申請を許可するかどうかの審査が行われます。審査期間も明確ではなく、許可が出るまでに1年前後の期間を要する場合があります。この期間中も法務局からの問い合わせ等があれば全てご自身で対応することになります。

帰化申請を行政書士に依頼する事により、申請書の作成から面倒な書類の準備を行政書士に任せる事ができますのでご自身はお仕事に行ったり普段通りの生活を送れます。追加書類を要求された場合も行政書士が取得できるものはご自身を煩わすことなく対応できます。申請後の様々な質問も行政書士と想定問答で事前に対策を講じることができます。審査期間中も法務局からの問い合わせ等に適切に対応やアドバイスをさせていただきます。

帰化申請を行政書士に依頼せずにご自身で行う事で、予想外の理由で不許可になるリスクがあります。また不許可理由を正確に把握していないと再申請をしても不許可になる可能性があり結果的に時間も費用も多くかかってしまいます。行政書士に依頼する事で費用は発生しますが、ご自身で全ての対応をする時間などと比較した場合、結果的に費用を抑えることができる場合もありますので、帰化申請をご検討の方は是非お気軽にご相談ください。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0599240023電話番号リンク 問い合わせバナー