外国人を雇用したい方へ | 三重県鳥羽市の行政書士河村事務所です。VISA申請・永住帰化・国際結婚を中心に特定技能・技能実習等の外国人雇用支援業務を展開

外国人を雇用したい方へ

 外国人を雇用するためには、適切な就労VISAを取得する必要があります。就労VISAにはいくつかの種類があり、就労する職務の内容により適切な種類の就労VISAを申請する必要があります。また、社会保険への加入などの適切な雇用管理も必要になります。

 就労VISAの申請はご自身で行う事も可能ですが、公表されている必要書類だけでは不十分な場合が多く、追加の書類を準備したり手間がかかる上に、結果的に不許可になる可能性もあります。

 就労VISAの申請を行政書士に依頼することにより、職務内容に応じた適切な種類の就労VISAを選択し、豊富なノウハウから申請に必要な書類を準備し、迅速な申請を行うことにより早期に就労VISAが取得できる可能性があります。

 外国人を雇用する場合、日本人を雇用した場合とは異なったリスクもあります。近年の入管法改正により不法就労助長罪は、3年以下の懲役・300万円以下の罰金となっており、善意(知らなかったこと)により罪を免れることもできません。このように、虚偽申請などによる就労VISAの不正取得や不法就労など、外国人のみでなく雇用主も罰則を受けうる場合がありますので、少しでも不安な点がある場合はぜひ就労VISA申請の専門家・行政書士にご相談ください。

 

ご相談から申請までの流れ

○お電話またはEメールでお問い合わせください。

雇用する外国人の国籍・学歴・就労予定の職務内容などをお聞かせください。

○来所またはご訪問にて面談。

 面談の日程を設定いたします。夜間や祝日も対応可能ですのでご都合の良い日時をお申し付けください。面談の際、ご不安な点やご不安な点も安心していただけるまで丁寧にご説明させていただきます。

○ご契約

 契約書の締結後、報酬のお支払い又はご入金後、必要書類の収集等を行い、申請書類の作成を進めていきます。

○最終確認

 申請書類の最終確認をして頂いた上で、入管に申請の取次をいたします。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0599240023電話番号リンク 問い合わせバナー