技能実習制度との違い

 外国人労働者の雇用手段として技能実習制度が有名ですが、新設された特定技能とはどのように違うのかについて確認しておきましょう。
技能実習制度の目的は、我が国での技能実習と通じて修得した技能等を実習生が母国に持ち帰る事により、途上国などの経済発展に寄与する国際貢献が目的となっており、人材不足を即戦力となる外国人を雇用することで解消を狙う特定技能制度とは根本的にその目的を異にします。
 求められる技能水準についても、技能実習制度では母国において関連する業務の経験者が日本で更なる技能等を修得するためとされてはいますが、求める技能水準は高くなくあくまでも日本で技能等を修得する事に主眼が置かれていますが、特定技能に関しては即戦力となる外国人材が求められるため、すでに技能実習を修了した者と同程度の技能水準が求められることに注意が必要です。 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0599240023電話番号リンク 問い合わせバナー