在留資格認定証明書

 日本に上陸しようとする外国人は、事前に申請することにより在留資格認定証明書の交付を受けることができます。

 

 在留資格認定証明書の交付申請は基本的には任意のものですが、この証明書の交付を受けておくと日本への上陸・入国をスムーズに行うことができます。

 

 在留資格認定証明書を申請する段階では外国人はまだ本国にいるため、申請は就職予定企業などの所属機関や行政書士が代理で行うことが可能です。

 

 在留資格認定証明書の交付申請では、入国目的や滞在予定期間、労働契約内容などが審査されます。

 これらを事前に審査し在留資格認定証明書が交付されると、日本の空港に到着した際の入国審査が迅速になるメリットがあります。

 

 在留資格認定証明書の交付申請には、入国予定の外国人が行おうとする活動に応じた資料を提出する必要があります。就労目的の場合は労働条件や職務内容などが入管法のみでなく労働法令にも適合している必要があります。配偶者等の場合は結婚までの経緯などの説明を求められます。留学生の場合は入学許可証などの準備も必要です。

 

 申請から交付までは1から3か月の期間を要しますので、入国後のスケジュールなどには十分に余裕を持って申請するようにしましょう。

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0599240023電話番号リンク 問い合わせバナー