国際結婚と配偶者VISA

 日本人が、外国人と結婚をする国際結婚が以前よりも一般的になってきました。
皆様のお近くにも国際結婚の方がみれるかもしれませんね。

 こうした国際結婚は、結婚と配偶者VISAの取得という別々の手続きにより構成されます。

結婚の手続き

 結婚の手続きは、主に日本の民法による「婚姻」の手続きと、婚姻の相手方の国の「婚姻」手続きの双方が必要になります。
 日本での手続きに関しては、市区町村役場への婚姻届の提出になりますが、日本人同士の結婚の場合と添付書類等が異なる場合がありますので注意が必要です。

 海外での手続きは、国によって手続きの方法や、必要書類が異なりますので、事前によく確認をしましょう。また、多くの場合、日本の証明書類に対して外務省等の認証を求められますので、この点も注意が必要です。

配偶者VISAの取得

 婚姻手続きが完了しても、それだけで日本で一緒に暮らせるわけではありません。日本で一緒に暮らすためには、入管法に基づく「配偶者VISA」の取得が必要になります。

 配偶者VISAの取得には、様々な立証資料が必要になります。特に年齢差が大きい場合や、婚姻に至る期間が短いような場合は偽装結婚等の疑いを持たれてしまいますので、より丁寧に真実の婚姻関係である事を証明していく必要があります。

国際結婚は行政書士へ

 これらの手続きには高度な専門性を要し、時間もかかってしまいますので、是非手続きの専門家である行政書士にお気軽にご相談ください。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0599240023電話番号リンク 問い合わせバナー