国際結婚と配偶者ビザ取得手続きの注意点 | 三重県鳥羽市の行政書士河村事務所です。VISA申請・永住帰化・国際結婚を中心に特定技能・技能実習等の外国人雇用支援業務を展開

国際結婚と配偶者ビザ取得手続きの注意点

『国際結婚と配偶者ビザ取得手続きの注意点』

Q:中国人の方と国際結婚することになりました。配偶者ビザの手続きを行う上で何か気をつけることはありますか?

 

  • 国際結婚の手続きについて各国の手続きに詳しい申請取次行政書士が解説します。
  • 国際結婚をお考えの方相手の国の手続きについて知りたい方配偶者ビザの取得の際の相手国の手続きの手順などについて知りたい方向けの記事になります。
  • 国際結婚における相手国の手続きに対する不安が解決します。

 

婚姻手続きと配偶者ビザ

国際結婚とひとことで言っても実際には婚姻配偶者ビザ取得という二つの手続きからなります。また、婚姻手続きは日本での手続き相手の方に国の手続きを行う必要がありますので、注意してください。

 

婚姻の手続きと順番

日本での婚姻手続きは婚姻届を出せば完了です。相手の国での婚姻手続きも基本的には婚姻届を出せば完了なのですが、国際結婚なので少々添付書類が増えることになります。ここでは相手の方が中国人の場合に必要な添付書類についてご紹介いたします。中国での婚姻手続きには、戸籍謄本と婚姻要件具備証明書(独身証明書)が必要になります。婚姻要件具備証明書(独身証明書)は法務局で取得します。そしてこの独身証明書を外務省で認証を受けます。外務省で認証を受けた独身証明書を今度は中国大使館で認証を受けてやっと婚姻届と一緒に提出します。

 

どちらから先に手続きする?

次に順番です。結論から言うと、どちらからでもいい。ということになりますが注意点もあります。こちらも中国での手続きについてご紹介いたします。手続きとしてはどちらからでも大丈夫なのですが、日本で先に婚姻届を提出してしまうと独身証明書を取得できなくなりますので独身証明書を取得できない理由を求められたりします。また、日本で先に手続きを行うと中国の結婚証明書が交付されませんので、配偶者ビザ申請時に中国の結婚証明書を添付できない旨の理由書を提出する必要があります。

相手国の手続きをしなくても大丈夫?

国際結婚をされた方の中には日本での婚姻手続きと配偶者ビザの手続きだけを行い、相手の国での婚姻手続きをしていないという方もみえるようですが、相手の国での手続きを行わないと相手の国では独身のままでになってしまいますので様々な手続きで問題を生じるおそれがあります。日本でのトラブルはもちろんですが、相手の母国へ行った際などは日本でのトラブル以上に面倒なことになる可能性も高くなります。相手の国の婚姻手続きは多くの場合大使館でも行えますので是非とも相手の国の婚姻手続きの方も行うようにしましょう。

 

婚姻の手続きは国によって様々です。国際結婚をして配偶者ビザの取得を検討している方は、婚姻手続きについても各国の婚姻制度にも精通した申請取次行政書士にお気軽にご相談ください。

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0599240023電話番号リンク 問い合わせバナー