一時支援金の事前確認について | 三重県鳥羽市の行政書士河村事務所です。VISA申請・永住帰化・国際結婚を中心に特定技能・技能実習等の外国人雇用支援業務を展開

一時支援金の事前確認について

現在、中小法人・個人事業者のための「一時支援金」の給付申請が行われています。

当事務所においても申請に必要な「事前確認」及び「一時支援金給付申請代行を行っております。

一時支援金の概要

申請期間:2021年3月8日(月)~5月31日(月)

給付額
中小法人 上限60万円 個人事業者等 上限30万円
給付額

2019年又は2020年1月~3月の合計売上-2021年の対象月※の売上×3ヶ月

2021年1月~3月のうち、2019年又は2020年の同月と比べて、緊急事態宣言の影響により事業収入が50%以上減少した月

 

給付対象
①と②を満たす事業者は、業種や所在地を問わず給付対象となり得ます。
①緊急事態宣言に伴う飲食店時短営業又は外出自粛等の影響を受けていること※

②2019年比又は2020年比で、2021年の1月、2月又は3月の売上が50%以上減少

※緊急事態宣言の再発令に伴い、緊急事態宣言の発令地域の飲食店と直接・間接の取引があること、又は、宣言地域における不要不急の外出・移動の自粛による直接的な影響を受けていること

 

事前確認の必要書類

一時支援金の申請には、登録確認機関による「事前確認」が必要になります。

当事務所においても事前確認を行っております。事前確認には以下の書類が必要になりますので、事前にお手元に準備しておいてください。

準備確認に必要書類

  • 本人確認書類
  • 履歴事項全部証明書(中小法人等のみ)
  • 確定申告書の控え
  • 2019年1月から2021年対象月までの帳簿書類(売上台帳、請求書、領収書等)
  • 2019年1月以降の事業の取引を記録している通帳
  • 代表者又は個人事業者等本人が内容を確認・理解の上、自署した「宣誓・同意書」

事前確認の流れ

事前確認のご依頼については、まず電話、メール等でお問い合わせください。日程調整の上、対面での面談・zoom、Skype等を用いたオンライン面談等で事前確認をさせていただきますので、ご都合の良い日時、方法をお知らせください。

費用

  • 「事前確認」に関しては、税込5,500円で対応させていただいております。日本行政書士会連合会及び三重県行政書士会からの支援要請業務であり、かつ、行政書士の社会貢献的側面の大きな業務でもあることから、事前確認に要する時間分の相談料相当額として設定させていただきましたので何卒ご理解の程よろしくお願い致します。
  • 事前確認と合わせて「一時支援金の給付申請」まで合わせて代行する場合には、税込5,500円を申請代行手数料として申し受けますのでご了承ください。

制度詳細

一時支援金の詳細については経済産業省一時支援金のページ又は、一時支援金特設サイトよりご確認ください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0599240023電話番号リンク 問い合わせバナー